これからの環境・エネルギー制約社会において
産業界の取り組みも新しい局面を迎えます。
株式会社 環境改善では、「循環型社会」「低炭素社会」に向けた
新しい商品の開発やPR・販売を推進しています。

熱制御塗料システム

COOL&WARMMAGIC-COAT

太陽熱をコントロール「地球環境を改善する」新技術

遮熱対策に、まだ反射依存型塗料をご使用ですか?「MAGIC-COAT」と従来の反射型塗料の違いとは・・・

反射型塗料は、表面が汚れると遮熱効果が低下します。

反射に頼らず汚れが付着しても遮熱効果を持続する熱制御塗料「MAGIC-COAT」をおすすめします。

熱制御塗料「MAGIC-COAT」の特徴

  • 反射による遮熱ではないので、塗装表面が汚れても、その効果は持続します。
  • 照り返しが少なく、周辺温度の上昇を抑えヒートアイランド対策に貢献します。
  • MAGIC-COATに使用される物質は超微粒子が使用されており、表面が滑らかで汚れ難い特性があります。
  • 反射効果に依存しない為、「濃色系」の塗装が可能
  • MAGIC-COATは冬の貴重な熱エネルギーを蓄熱し、さらに保温効果も発揮します。

年間を通した温度抑制効果

高反射塗料は夏季における温度低下が注目されている塗料ですが、反射性を上げれば上げる程、冬期の日中において、温度低下が生じると考えられます。
太陽熱を「ハジキ返す」という反射型塗料では、省エネ塗料として限界を感じます。新開発熱制御塗料は外気温によって変化する特殊な温度制御機能を有しており、これらの問題を改善したのが「MAGIC-COAT」です。
高温時は温度の上昇を抑制し、低温時には熱エネルギーを蓄え保温します。路面の凍結防止などにも使用されています。

従来の「遮熱塗料」で起きている問題を解決します。

現在普及している「遮熱塗料」は、太陽熱を高反射する塗料が多く、塗料表面で「ハジキ返し」を行い、下に塗られた断熱層で熱の侵入を防ぐという物です。反射依存型塗料の場合、当然反射率の高いもの程、その効果を発揮します。しかし、塗布初期の段階の効果がいつまで持続出来るかで、その評価も変わります。
昨今の環境破壊・工業化による大気汚染は、反射性能を悪化させる大きな要因となっています。大気汚染物質の影響で塗膜の汚れや劣化を早め、反射性能を低下させています。
また、セラミックなどを用いた反射型塗料は、表面に汚れが付着すると、熱の放射が出来なくなり、逆に蓄熱するようになる。夜間、気温が下がっても、室内に熱がこもりやすく熱帯夜の原因となります。

製品概要

熱制御塗料「MAGIC-COAT」のカラーバリエーション

反射に依存している塗料は基本的に白を基調とした「淡色系」の色調が多く、「濃色系」のものはほとんどありません。これは遮熱原理の違いからであり、新開発塗料は反射率に支配される従来型の遮熱塗料とはメカニズムが全くことなり、濃色系でもその機能を発揮します。
建物等に合わせ、自由に色を表現出来ます。また路面用として黒色系やカラー舗装などの着色も可能です。

  • ※実際の仕上がりとは若干異なる場合があります。ご了承ください。
  • ※他の色も調色は可能です。建物にあわせ、自由に色を表現できます。

導入事例

  • 夏場の室内温度抑制
  • 屋根の劣化防止
  • 冷房コストの削減
  • プールサイドの温度上昇制御
  • 床面の劣化防止
  • トラック表面の温度制御
  • 床の劣化防止
  • 屋上防水+遮熱対策
  • 防水層の保護
  • 冷房コストの削減
Gシリーズ

紫外線95%以上カット!近赤外線(30~99%)カット!「涼しい日向、明るい日陰」を科学の力で実現しました

この「窓ガラス用遮熱塗料」の中には「紫外線吸収剤」と「赤外線吸収剤」が入っています。「窓ガラス用遮熱塗料」がガラス表面の内側に塗られると、ガラス表面にこの「紫外線吸収剤」と「赤外線吸収剤」を内包した膜を作ります。

この膜で太陽からの日射に存在する「紫外線」と「赤外線」の一部がそれぞれ「吸収剤」に吸収されます。
そして、吸収された「紫外線」と「赤外線」は熱に変わります。
ですから、膜の温度は上昇し、その温度がガラスにも伝わり、窓ガラス全体が熱くなります。
何も加工していない未施工のガラスに比べて、「窓ガラス用遮熱塗料」を施工したガラスの温度が高くなるのは、こういう理由によります。
この高くなった熱は空気中に再放射されます。一部は室内へ、そして残りは室外へと放射されます。

ポイント

夏は直射熱30%~40%カット

MAGIC-COAT(Gシリーズ)は既設のガラス面に塗装するだけで、夏の直射熱を30~40%カットすることができます。窓からの直射熱を軽減することで室内温度を2℃~3℃抑制する効果があり、エアコン使用による電力使用量(夏場)が約10~15%軽減できます。
実績の中で最も多いのがショールームでの使用ですが驚くほどの透明性があり、有害紫外線を99%以上カットすることを実現しました。

冬は暖房熱保温対策に効果的

遮熱・断熱効果を持つMAGIC-COAT(Gシリーズ)は夏だけではなく冬にも効果を発揮します。熱とは熱い所から寒い所へ逃げる性質をもっていることから冬の窓ガラスは暖房熱を58%も逃がしていると言われています。
しかし、エコクリアは冬場の太陽熱を窓ガラスに取り込み、暖房熱の流出を遮断する為、保温対策に非常に効果的です。また、窓際の冷たい空間が縮小されるので結露抑止もできる画期的なガラスコートになります。

特徴と有効性

①無機で硬い塗膜

塗膜全体として硬度も高く(5H程度)で化学的に安定した耐候性・耐久性に優れた塗膜が形成されます。

②耐候性・耐久性の高いUV吸収剤

一般的なUV吸収剤は低分子のものが使用されています。この低分子UV吸収剤は紫外線に当たると揮散してしまい機能の劣化が早いのが特徴です。「MAGIC-COAT(Gシリーズ)」は長年の研究の成果により、高分子化したUV吸収官能基を利用しています。高分子化することで揮散を無くし、耐候性・耐久性を格段に向上致しました。

③近赤外線カット率の高い赤外線吸収剤

太陽光の日射熱を効率的に遮断するには近赤外線領域の波長をコントロールする必要があります。弊社ではこの機能を有する複数の機能材(赤外線吸収剤)を準備しており、お客様のご要望をお伺いしながら適切な商品を提案させて頂いています。

よくある質問

Q. 光熱費は目安としてどれくらい節約できますか?詳細はコチラ
A. 窓ガラスの大きさ・広さによって数値は変わりますが、目安としては概ね温度設定を2〜3℃変えることが出来ます。
一般的に夏場に冷房の設定温度を1℃上げることで(例 26℃〜27℃)、冷房にかかる電気代の10%の削減効果があると言われています。
Q. 夏に効果があるのはわかりますが、冬は逆効果になりませんか?詳細はコチラ
A. はい。残念ながら冬場も夏場と同様に太陽からの熱をカットしますので、室内への熱の流入は少なくなります。ただ、夜間は室内で発生した赤外線(暖房熱等)を外に出さない効果がありますので、室内を保温する効果が期待できます。
Q. コーティングは何年くらい持ちますか? 塗り替えサイクルはどのくらいですか?詳細はコチラ
A. マジックコート(Gシリーズ)はほぼ無機で構成され、塗膜が付いている間はほとんど性能が落ちることはありませんし、塗膜は10年後ほとんど変化は見られません。
Q. 施工部分のガラス掃除をする際に気をつけることはありますか?詳細はコチラ
A. 普段のお掃除は施工前のガラスと同じように湿った軟らかい布で拭いていただいて構いません。
汚れがひどい場合は中性洗剤を薄めたものを使って清掃してください。
効果を持続させるためにも、金属製の掃除道具や、研磨剤の入っているスポンジ等の使用、強酸や強アルカリ性のクリーナーの使用は避けてください。
Q. 飛散防止の効果はありますか?詳細はコチラ
A. コーティングに飛散防止の効果はございません。
Q. 人体への影響はありませんか?詳細はコチラ
A.マジックコート(Gシリーズ)の塗料の中にはシックハウスの対象となる人体に有害な物質は使われておりません。塗料は揮発性の溶剤が使われていますが、原則作業員のみで施工し、施工後は必ず換気を行いますので問題はございません。
Q. 防虫効果があるそうですが、それはなぜですか?詳細はコチラ
A. 一般に飛来昆虫の多くは紫外線に反応します。
マジックコート(Gシリーズ)はその紫外線が室内からもれるのをカットしますので、自然と虫が寄りにくくなります。
会社概要・お問い合わせ
会社名 株式会社「環境改善」
会社所在地 〒803-0076 福岡県北九州市小倉北区中島1丁目16-11
連絡先 TEL : 093-531-5733 FAX : 093-531-3228
お問い合わせフォーム
お名前
メールアドレス
電話番号
会社・部署
お問い合わせ内容